省エネ時代のパートナー ミニ・グラマー  A-300

甲種電気用品型式認証 91-30481

製品は上の写真を参照されたい。これがなんだかわからない。ネットで検索してみたのだが、うまくヒットしない。

古い電気用品のマークがついている。「電気用品取締法の一部改正に関して」はこちらなどが参考になると思う。今はPSEマーク。

電気機器とコンセントの間に入れて、省エネ効果を期待する製品らしいのは箱書から想像できる。調節用のボリュームがあり、最大3アンペア以下という制限から、突入電流制限用とか調光器の類かなとも思った。コンセントに接続すると、通電確認用のランプが赤く点灯する。これは、本体だけをコンセントにつなぐだけで点灯する。

白熱電灯につないでみたが、調光器ではなかった。

蛍光灯につないでみた。本来は白熱灯用のアームスタンドに電球タイプの蛍光灯を入れたものだ。ミニグラマーを入れないときと入れたときを比較すると、入れた時にスタンドのスイッチ、回してオンオフするタイプ、を軽くいじるとチーという音がする。ボリュームを最低にすると、蛍光灯がちらつく。最低位置から少しでも動かすとちらつきは止まる。

さて、なんでしょう?


追記

このページを閲覧された方からメールをいただきました。
情報、有難うございました。調光器に改造して使われているそうです。